TOP 外来のご案内

予約は必要ありません。お気軽にお越しください。

午前 8:30 〜 12:00(午前中のみ)

×

×


精神科・神経科

ホールphoto

※「かかりつけ医」「かかりつけ病院」がある方は、薬手帳・紹介状があればご持参ください。
※お体の不自由な方など、病院への通院が難しい方には訪問看護をおこなっております。

訪問看護やご質問などがある方はお電話で

(土日・祝日は休みです)

あなたの心のチェックをしてみませんか?


精神科病院には行きづらい、人に聞きづらい。まずは症状と照らし合わせてチェックしてみませんか?

統合失調症チェック うつ病チェック アルコール依存症チェック
現実世界が漠然と変った感じを
受ける方、幻覚や妄想がある方
どうも気力がなく、生活が
だらだらし始めたなと感じる方
長年にわたって大量にお酒を
飲み続けている方




外来通院費用
自立支援医療制度があり医療給付を申請すると医療費を1割負担にすることが出来ます。
但し、有効期限が1年間であり毎年更新が必要です。
(手続きは役所か保健所の福祉窓口で申請書と専用の診断書を受け取り医師が記入)
尚、世帯所得水準等に応じて月あたりの負担に上限額が設定されています。
(世帯所得水準等により支払いの上限額は0円~約40,000円までとなっています)

一般的な診察の流れ
薬手帳・紹介状があればご提出ください。 診察の流れ
精神科ソーシャルワーカーによる
詳しい症状の聞き取りを行います。
問診は個室でプライバシーを守ります。
医師による診察を行います。
ご家族の同席可能です。
アルコール依存症治療プログラムのご案内 当院では、クリニカルパスに基づいたアルコール依存症治療プログラムを実施しており、患者様との合意の上で入院治療を行っております。
アルコール依存症は単に個人の性格や意志の問題ではない、誰もが発症する可能性がある病気です。少しでも気になる症状がある方は、ぜひご相談ください。
al_img2_2アルコール依存症とは大切にしていた家族・仕事・趣味などよりも飲酒をはるかに優先させた状態です。飲酒のコントロールができない離脱症状がみられる、健康問題等の原因が飲酒だと分かっていても断酒できないなどの症状がみられます。

al_img4
過去1年間に以下の項目のうち、3項目以上が同時に1ヶ月間以上続いたり、または繰り返し出現したりした場合。
1 飲酒したいという強い欲望あるいは強迫感がある。
2 飲酒の開始、終了、あるいは飲酒量に関して行動をコント
ロールすることが困難である。
3 禁酒あるいは減酒した時に離脱症状がみられる。
4 初めは少量のアルコールで得られた効果を得るためにはより多くのアルコールを
必要とする耐性の証拠がある。
5 飲酒にかわる楽しみや興味を無視し、飲酒せざるを得ない時間や
その効果からの回復に要する時間が延長している。
6 明らかに有害な結果が起きているにもかかわらず飲酒する。

当院の治療プログラム(入院後)
●クリニカルパスに基づいて客観的で質的に保証された治療を段階的に行います。
●原則参加必須の週間予定表に基づいて計画的に治療を行います。
●毎日午前中に、呼吸法を利用したマインドフルネスを必ず行います。
●認知行動療法に基づく、グループミーティングを行い、飲酒をただ我慢するだけではなく、前向きに自分と向き合ってより健康に生きることを目標に、
焦らず回復の道を歩めるよう援助します。

入院期間をⅠ~Ⅲ期に分け、それぞれの時期に適した治療を行います。
Ⅰ期|解毒期
期  間 入院日~2週間(重篤な合併症がある場合は入院日~4週間)
治療内容 アルコールへの囚われからの解放、禁断(離脱)症状に対する解毒治療、肝障害などの身体合併症に対する身体治療が中心
Ⅱ期|リハビリテーション期
期  間 解毒終了~入院3ヵ月
治療内容 アルコール依存症治療プログラムに参加して生活の乱れを改善し、忍耐力や協調性を養う。アルコール依存症について正しい知識と断酒継続のための意思を習得する。
Ⅲ期|社会復帰期
期  間 退院後~
治療内容 定期通院・デイケア通所・訪問看護利用・断酒会参加を通じて心と体の健康維持に努め断酒継続と社会復帰を目指す。
認知行動療法のご案内 認知行動療法とはうつ病や不安障害などの病気に悩んでおられる方を対象とした、その有効性が証明されている心理療法の一つです。自分の考え方のクセを修正するのと同時に状態に合った行動ができるように専門の訓練を受けた医師・臨床心理士・看護師・精神保健福祉士・作業療法士等と共に治療に取り組みます。
当院では主にうつ病・社交不安障害に悩む方々を対象とした認知行動療法を行っております。
お問い合わせ先診断フロー
外来受診
認知行動療法の開始 専門の医師が現在のご状況や自覚症状、お困り事などをお伺いします。
担当医の決定
認知行動療法の開始 患者さまの症状に合わせ、担当医を決定します。
次回、プログラム時の予約をお取りください。
認知行動療法の開始
いよいよ、認知行動療法プログラムの開始です。
プログラムは1回30分~60分です。
※完全予約制となります。